スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと、4日!?

R0028467-2.jpg
白いイームズチェアが、見えてます。
開店まで、あと4日!
ボックスの商品も増えてきました。
台風もすぎて、月曜日からの準備に備えてます。

スポンサーサイト

『壁塗りWS』 ソマメル

R0028323-2.jpg
10月24日、25日はソマメルの子どもたちによる壁塗りWSでした。
2日かけて20人ぐらいの子どもたち、お母さんたち、ソマメルのななさん、くまさんに
楽しい絵をかいてもらいました。ぜひ一度見に来てください。
シャッターも、お店の中も、トイレの中も、ここにしか無い場所になっています。
けして、子どものためだけの絵ではありません。大倉山 タウンカフエ ミエルらしい空間が
できつつあると思うのですが。いかがでしょうか?

あと9日!

たくさんの荷物が一斉にとどきました!
深夜まで、小箱ショップの棚をくみたてるのは、
「みつばちたち」の縁の下の力持ちの男性陣。
みつばちって、働くのはメスばかりなんだって。
ミエルのみつばちはどうやらそうでもないみたいです。
子ども達が描いた絵も、小箱ショップの棚が入った事でさらにかっこよくなった!
そう、これも計算済みソマメルです
IMG_6325.jpg

あと、10日

開店まで、あと10日!

今日は、壁塗りワークショップ2日目です。

大胆、繊細、元気、優しい、いろいろな子どもたちのタッチが、
壁をいろどっています。

「天井に絵をかくなんて、生まれて初めて」
と、4年生の女の子が、脚立の上でつぶやいてました。
IMG_6257.jpg
IMG_6260.jpg


40年以上生きてきても、そんなことやったことありません、わたし。

ミエルが、そういう機会を、その女の子に提供できて、
本当にうれしいです。

子どもたちの「作品制作」ガラス越しに応援に来てくださいね。

あと11日今日は、壁塗り!

おはようございます。

昨日で工事が終わり、今日はクリーニングと、
仕上げの、壁塗りワークショップです。

地域の子供たちと、造形教室ソマメルが、がんばっています。
ガラス越しに、応援お願いします!

昨日も、工事中のガラス面に、ご案内カードを立てておいたところ、
全部なくなっていました!

工事の監督さんも、「みんなのぞいていきますね。」
と、関心の高さに驚いてました。

どんな子供たちが来るのかな、楽しみです。

開店まであと12日!

開店まで、なんとあと12日

お店の工事は今日までで、
明日とあさっては、
子どもたちに、仕上げを手伝ってもらいます。

はちみつを集めてくれる、みつばちに感謝の気持ちを込めて、
「花」の絵を、壁に大きく描きます。
ミエルにいらして下さるお客様に寛いでいただけるよう、
心を込めて、描いてもらいます。

ミエルで作業をしていると、
通りがかりの皆様も、たくさん声をかけてくださいます。

今週末も、いろいろな方が声をかけてくださると思います。
楽しみです。

壁に絵をかきます

お店の壁やシャッター、看板は、23日24日の土日アトリエソマメルの子ども達を中心にした、
地域の子ども達で絵を描きます。
ただいまその準備中。
IMG_6197.jpg
IMG_6192.jpg

おいしいこと

大倉山で採れたお野菜を売っている八百屋さんへ。
今までは、午前中に買い物へいくことなど不可能な仕事だったので、
こんなに新鮮なお野菜に出会えたことがとても嬉しい。
ちょっと曲がってるけど、ぱんぱんにはじけた茄子、ぷりぷりの青とうがらし、みてるだけで口の中に青い味がにじむような元気な小松菜。
そしてとてもお安い!

以前やっていた「天使のわけまえ」というNHKのドラマがとてもよかった。
主人公がつくる食事やお弁当で周囲の人が見失っていたごくごく当たりまえの幸せに気づく、というもの。
太巻き寿司とか、おはぎとか、雑炊、お弁当、アジフライ…etc
実に「普通」で、何の変哲もない、ただただ、主人公が丁寧に、本当に楽しそうにお料理をしていて、
それを食べて、なぜかみんな涙を流してしまう。。
ほんとうに「美味しい」ものはなんなのか、また、「美味しいもの」があれば、救われることもある、
そんなふうに肩肘張らず流れるメッセージが心地よかったドラマ。

有機とか天然とか菜食、スローフード、など、食のあり方についていろいろなカテゴリがある時代だが、
それらは、本来なら当たり前だった事、あるいは、「普通」に暮らす中でいつのまにか到達していく事、はじめから目標にかかげて目指すものではない気がする。
「こうでなければ」は、必ずゆがみを生じさせてしまうし。
「普通」であることが難しい時代、目標をかかげて走る事のほうが簡単なのだろう。

住んでいる街が、ただ寝に帰るだけの街にならないように。
明日はナナ'sBarです。
当たり前に美味しいものを堪能してください!
SH3F01890001.jpg
と、ここまで書いていたらチカコさんから採りたての畑のお野菜が届いた
素敵すぎる
SH3F01910001.jpg

カフエの準備

DSC08148-2.jpg
大倉山の周辺で、イケヤやムジで家具や食器等を探しています。
イケヤはどうしてあんなに安いのか、フェアトレードの点で少し心配です。

今回のカフエの参考にしているd&depertmentのカフェは、元々のオフィスの
天井を取り払って白く塗っただけで、床もブラインド等も既存のままです。家具もカリモクの
彼らが、リサイクルすべきデザインレベルであると判断した家具を並べただけです。
そのコンセプトの明快さ、強さが素晴らしく、参考にしたいと考えています。
自分たちの判断基準のレベル以上の物しか使わない。それ以外は最小限最低限で良いとゆう
生活を目指しているようです。

もう一つ、無印良品の考え方も参考になります。
『それがいい』ではなく『それでいい』という考え方です。
「コストを下げることに血眼になって大切な精神を失うわけにはいかない。また、労働力の安い国で作って
高い国で売るという発想には永続性がない。世界の隅々まで適用・浸透する究極の合理性にこそ無印良品は
立脚すべきである。」
詳しくは無印を田中一光氏から引き継いだボードメンバーである原研哉氏の『デザインのデザイン』にあります。
そうしたら、無印の衣料品100%リサイクルへの取組の「FUKU-FUKUプロジェクト」のマスコットも
なぜか、みつばちです。

新しくする部分はできるだけ本物を使いたいと考えています。どこまでを本物でやれるか、
又、本物が何かが難しいわけですが、リサイクルも必要だろうし、
コストの問題もあるわけです。今回は補助金(税金)を使ってタウンカフエを立ち上げるわけですから、
運営状態等を可能なかぎりオープンにしながら進めていくことも必要ではないかとも思っています。

短期間で、多くの人で作って行く難しさも、楽しさもあるわけですが、
椅子だけは、我々が選ぶこれからも残してゆきたい椅子を何脚か入れたいと考えています。
DSC08153-2.jpg

手探り状態ですが、少しづつわたしたちの思いを作っていきたいものです。


茅ヶ崎にて

準備室のために保健所へ。
なぜか茅ヶ崎の。
いいお天気でよかった!
道すがらたたずまいに魅かれて思わず立ち寄ったお寺。
SH3F0172_convert_20101008124454.jpg
山門脇には萩が風にそよいで、曼珠沙華がキラキラ朝日に光っていました。
SH3F0173(3).jpg
ほっっと、お参り。
なんの飾り気も主張もない小さな境内。
きれいに掃き清められ丁寧に手入れされ、
そういう積み重ねでこの清涼な空気は生まれるんだな~~~

MIELもそんなお店になるといいな~~~
そう、まずはお掃除が大切ね
基本のキ。
ね!チカコさん

保健所の用事はすぐ終わり、
せっかくだから海でも見て帰ろう。
海へ続く道には茅ヶ崎らしく古い邸宅が点在し、どこもいいたたずまいをしていました。
小さな美術館のお庭も美しい。
海岸へ出て一息。
おお!烏帽子岩!
SH3F0176_convert_20101008125027.jpg
お天気もいいしサザンですな
もってきた蒸しパンをたべようっと、砂にこしかけたはいいがっっっ、
無惨に蒸しパン落下!
あ~~~~~ん砂まみれ~~~そんな~~~~
うぇ~~~~ん

ふと頭上を見上げると、
1羽のトンビがゆうゆうと旋回しています。
・・・・蒸しパン、砂まみれにならなくても、たぶんこいつに奪われたな。
砂まみれとかっさらわれるのとどっちがましだろう・・・・

トンビもうらやむ美味しい蒸しパン、MIELでも?


準備101003

R0028100-2.jpg
今日も午前中に現地で、前のサンドイッチやさんのどの部分を残すか等の打合せをしました。
できるだけ今あるものを使うことも大事なことだと思っています。
床と家具は新しくするとして、厨房器具や壁や天井等はできるだけ今のまま使おうと考えています。
色々な人に関わってもらって、『Town Cafe 大倉山 ミエル』の立上げをしてゆきたいと考えています。

体験型ミュージアム

きょうは、東京ミッドタウン 21-21DESIGN SIGHTに
「これも自分と認めざるを得ない展」に、
おるたんメンバーで行ってきました。
ワークショップのアイディア探しに、なんて、楽しい遠足ですが。

指紋認証の機能を使った、お池や、金魚か人か…
詳しいことは、書けませんが、
(書いたら、体験型が、だいなしですから、)
すごく楽しいです。

休日は、混みそうですね。
平日の昼間お勧めです。
11がつ3にちまで。

おみやげは、やっぱりはちみつでした。

カフェ ミエル の「みえる」は、はちみつのことです。
なぜ、はちみつ?…それは、おいおい。

もうすぐオープン!

このシャッターが開きますよぉ~
ただいま猛烈に準備中。

正面写真_convert_20101001203843

プロフィール

cafe miel

Author:cafe miel
おいしいごはん
おいしいはちみつ
みんな大倉山うまれのMIELです
大倉山がみえる
街カフェ 大倉山ミエル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。