スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンカードの秘密-4

ハロウィンカードの『胸に歌』 『肌に汗』
カード胸と肌
『胸に歌』の秘密
歌うハート

4人で) 歌わない時はない♬
右) 時はいつも歌ってるチクタクチクタクチクタク♬
左) 時計が歌っているのじゃないの?
子供達)ネジやゼンマイハガネの歌さ♬
右)もっとよくきいてごらん
左)ハガネの音しか聞こえない
子供達)バネとネジと色んななにか♬
右)耳できこえる音ではなしに心でシーンときいてごらん?
たちまち音に包まれてはるか彼方まで広がってゆく
左)目を閉じ耳を閉じ心をひらく
子供達)ホントダホントダ広がって行くもうすぐここからでられるね

シーンと暗い湖の底
真っ暗暗の底の底
何にも見えない聞こえない静かな水の奥底に
歌うハートがいる不思議


『肌に汗』の秘密
ザクッザクッ一歩一歩踏みしめて、巨大なのっぽが働いている。
足跡には汗の池が出来ていて、貝の子どもが遊んでいる。
渇いた大地に池を作り、水路を巡って魚が泳ぐ。

巨大なのっぽは、黙って運んでいる。一歩一歩大地を踏みしめて。
大量に汗をかきながら、大地の渇きを癒すため、ひたすらに働いている。心の渇きがのっぽの肌を彩っている。
のっぽの身体全体に緑色の鱗がギラギラひかっている。

鱗の無い足の裏と肘、額からは大量に汗が出るのだ。大きな背負子に一杯の生きたハートを背負い、乾いた大地のはしから端まで海のような池を作りながら、川をつなげながら。

‥遠い昔、のっぽが鱗の無い美しい若者だった頃、花の娘に出会った湖。森の奥の奥の奥、頬笑むような樹に寄り添っていた小さな湖。いつかたどり着けるのだろうか。もはや私の記憶の殆どが鱗で覆われてしまった。

ただ、汗の池に少しずつ記憶のカケラを残していることをのっぽはまだ知らない。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

cafe miel

Author:cafe miel
おいしいごはん
おいしいはちみつ
みんな大倉山うまれのMIELです
大倉山がみえる
街カフェ 大倉山ミエル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。