スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンカードの秘密-2

『目に花』 『耳に鳥』の秘密
口に微笑-2
『目に花』の秘密

屋根裏の天窓。
夜のセーヌ川沿、寄り添う恋人達の影

再び天窓。

部屋の中微かなランタンの灯り。壁の小さなキリストが灯りにともされてユラユラ揺れてみえる。
ベットサイドに一輪のすみれ。
うなだれてベットにすわる娘

娘を通り過ぎて天井の隅から部屋全体を見る。

声を出さずに泣いている様だ。

よく見ると娘の周りにはダリアの花が溢れている。
ピンクだの紫だの赤や白のダリアの花が娘の膝や足もとに広がっている。

深いため息、ふと顔をあげ頬笑む

娘) ああ、今日の夕陽の美しさといったら!
ただもう胸がいっぱいだ。こうして目を閉じると身体の奥から
溢れてくる緋色のひかり‥。ああ、なんて美しいのだろう。


娘の足元にころがる紅いダリア。茎の先から垂れるしずく。


暗転


『耳に鳥』の秘密

突然ひろがるヒナゲシの丘。ゆったり丸みをおびた地平線。

空はどこまでも青く深い。サワサワと笑うようにヒナゲシが揺れている。

どこからか、鳥のさえずりが聞こえる。
高く、低くそして続けて。
細かいビヴラートが美しくかわいらしい。


ヒナゲシの丘の上、奇妙な形をした植物から、小さな生き物が出たり入ったりしている。

陽のひかりをあびて、ほとんど白いひかりのたまのようにみえる。
ときおりヒナゲシの茂みに勢いよくつっこみ、なにか捕まえて高く飛び上がる時、ひなげしの花影が陽のひかりを遮り、青い鳥だとわかる。

ふいに方向を定め、まっしぐらに飛び去った。


はたして青く光る小さな彗星は、定めた場所へ一目散に飛んで行った。

ヒナゲシの丘の上、奇妙な植物の奇妙な穴の入り口で、薄紅色の小鳥がうたっている。

星の待つ場所へ
青いひかりの粒になって
まっしぐらに跳ぶ君をまつ

垂れ込めた厚い雲で覆われ
姿が見えなくても

私の歌を道しるべにして
鐘をならせ 旗をゆらせ
時を超えて突き破れ

私の歌を心に灯して


白いひかりの玉になった青い鳥は求められればどこへでも飛んでゆく
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

cafe miel

Author:cafe miel
おいしいごはん
おいしいはちみつ
みんな大倉山うまれのMIELです
大倉山がみえる
街カフェ 大倉山ミエル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。