スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸先生のお話し(鶴見川ネットワーク)

2-3
岸先生は本来は理論進化論が専門だそうですが、レイチェルカーソンが「sence of wonder」で伝えたかったことは、知識を教えるのではなく、子供の気づきに寄り添う大人であれ、というお話や、
地史的に考えて次の氷河期に入るスイッチは押されないだろう、つまり、人類が地球の歴史を変えたのだと、つまり「地異球」になったと。温暖化が進むことがほぼ明らかになったて、今後海面は上昇するだろう、だからこそ、我々は、それに対する準備が必要だ。先生は国交省や津波被災地にも同じ事を説明しているが、ほとんど取り合ったくれないと嘆いていました。
それから、進化的に見た人間の成長について、
まず、ザリガニを見て覗き込みツンツンするのだそうです。次の年齢になると、つかめるようになるのだそうです。それは狩猟採集民族のDNAが食べれるものと食べられないものを親から教わって捕まえるようになる事の対応している。次に秘密基地を創りだし、そして次は遠くに出かけてゆくようになるのは、狩りのための旅に出る、そしてビバーグする練習なのだろうと、世界共通だそうです。
今の子どもたちは自然の中で遊ぶことが、本当に欠けていると。
本当に大事なお話しが聞けて幸せでした。
3-2
鶴見川ネットワークによる鶴見川水族館や、絵本やさんの指人形劇、音伽屋さんのも合わせて開催でき、豊かで楽しい一日を過ごすことができました。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

cafe miel

Author:cafe miel
おいしいごはん
おいしいはちみつ
みんな大倉山うまれのMIELです
大倉山がみえる
街カフェ 大倉山ミエル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。