スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の愛

少し前に、NHKで、女優のリン・チーリンさんと気仙沼の子ども劇団「うお座」の交流のドキュメンタリー
のテレビがありました。彼女が世界各国の恵まれない子どもたちのところに行って、
直接、接して「愛」を伝える以外にできることは無いと言って活動をしていました。
彼女がどのようにそのような考えに至ったかも興味があるのですが。
親以外の他人から愛を受けることが、どんなに幸せか、大切かを再認識しました。

誰かが言っていたのですが、幸せな子どもは、いじめをしないそうです。
だとしたら、いじめを減らすには、幸せな子どもを増やすしか解決策が無いということだと
思うのです。今の日本では親の愛そのものも重要になってきてしまっているとも思うのですが、
親や先生以外の他人から愛を受けることが少ないと思います。
もともと社会的な動物である人間は他人の愛が必要なのだとも思います。
そのためには、リン・チーリンさんがしているような、
他人に愛を伝えることが大事だと思うのです、伝え方も難しいと思うのですが。
スポンサーサイト

Comment

No title

とても共感できる記事でした☆
短い文章ですが、とても大切なことを的確に書かれていると感じます。

また、ミエルの活動はきっとそんなことができるという可能性を感じます。

きっとだれかひとりを何人かの人が好きになったら、
その人の親や先生とは違う部分を好きになってることも多いはずだと思います。
そんな人たちを通して、また自分の違うよさを発見できたり・・・。

先日、認知症のお年寄りが小学生に駄菓子を売る活動をしている施設の取り組みを
テレビで見ました。
認知症の人がかつて得意だったことを地域に伝えて、本人は生き生きしてきたり、
子どもたちも足しげく施設に通ってお年寄りと触れあったり。

親や先生とは違う関係があって、のんびりした時間が流れていて、
双方にとって、とてもいい、ゆるやかな関係だと思い、こんな拠点がたくさんあったら、
日本は素敵な国になるのにな・・・と胸が熱くなりました。

ミエルの活動がどんどん実をつけて、周囲によい種をまいて行くことを応援しています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

cafe miel

Author:cafe miel
おいしいごはん
おいしいはちみつ
みんな大倉山うまれのMIELです
大倉山がみえる
街カフェ 大倉山ミエル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。